カートをみる マイページへログイン ご利用ガイド お問い合せ サイトマップ
RSS
 

絵が語る八重山の戦争

再び愚かな歴史を繰り返さぬために

戦後75年の節目となる今年、南山舎では潮平正道著「絵が語る八重山の戦争」を発刊いたしました。

少年の頃、石垣島で先の大戦を経験した潮平正道氏は、将来を担う子供たちには二度と戦争など経験させるべきではないという強い思いをもって、これまで戦争の語り部としての活動をなさってきました。しかし、語りだけではなかなか現代の子供たちに伝わりにくいため、記憶の情景を絵に描き、発表することにしたのです。

「沖縄戦」というと地上戦があった沖縄本島のことが主に取り上げられますが、八重山では「戦争マラリア」で罪もない住民が何千人も亡くなるという、他地域には見られない戦禍、惨状もありました。

本書は、写真などの記録がほとんどない戦時下の八重山の状況が、絵に描くことにより視覚化され、歴史を語り伝えていく上でとても貴重な資料の一つとなっています。ぜひ多くの方々に本書を手にしていただき、戦争の記憶を風化させない、二度と同じ過ちを繰り返さないためにご活用いただきたいと思います。


●付属資料 1945年 戦争における八重山地域のマラリア罹患状況と死亡状況、 八重山戦争関係年表

目次

はじめに  潮平正道 3

国民学校のころまで

提灯行列 8
グングルマーセー 10
カーブヤー 12
グライダーの飛ばし競争 14
譽の家 16
方言札 18
竹やり訓練 20
白い滑走路 22
低くなった石垣 24
桟橋を造る 26
ハエを捕る 28
各家の防空壕 30

旧制中学校時代(鉄血勤皇隊)

鉄血勤皇隊 34
朝の軍事訓練 36 自爆訓練 38
デマと憲兵 40
届け先を間違えた召集令状 42
石垣島事件 44
目隠しの壁 46 大切な家畜を殺す 48
強制連行と洪水 50
洪水での命拾い 52
真っ赤な弾が飛んできた 54
みのかさ部隊 56
建設中の高等女学校を解体する 58
夕方に見た光景 60
慰安所 62
金魚 64
学校の防空壕 66
お墓で生まれた赤ちゃん 68
濡れた軍の米 70
木の上の監視所 72
農学校の偽装 74
旅団司令部の防空壕 76
旅団司令部防空壕の中 78
秘密の牛殺し 80
ニセの高射砲 82
尖閣列島遭難事件 84


避難地とマラリア

白水の避難地の入口に建つ小屋 88
白水の避難小屋 90 フーチバーの煙 92
ンガナの汁 94
遺体を雨戸にのせて 96
死んだ孫を背負って 98
幼い遺体を埋めに 100
昨日のことのように 102

食糧難とマラリア犠牲者

ムイアッコン 106
髪の毛も死んで 108
マラリアにかかったぼく 110
高熱にうなされる親子 112
娘を埋める母と息子 114
藁で結んだ二つのマブヤー 116
金網の外から 118
亡くなった母のそばで 120
眠れない死者の浜 122
隠されていた薬 124
野良犬がくわえていたもの 126
火葬場への道 128

地図・年表

八重山諸島位置図 132
石垣島拡大図 133
1945年 戦争における八重山地域のマラリア罹患状況と死亡状況 134
八重山戦争関係年表 136

あとがき 潮平正道 152
少年の目 久原道代 154
私も忘れない 久原望未 155
愚かな歴史を繰り返さぬために 三木健 156


本文より抜粋

沖縄では、沖縄戦が終結した6月になると、県内の各学校で平和学習が授業として設けられます。その平和学習で戦争体験を子どもたちに話してほしいと、最初に依頼されたのは、今年51歳の息子、が中学生のときでした。あれから毎年のように、小・中・高校に呼ばれ、体験を語ってきました。語るうちに、言葉だけでは戦争の実像を伝えることが難しいと感じ、体験したことを絵にして説明するようになりました。掲載した59枚の絵と説明は、正確さに欠けるところもあるかと思いますが、私の記憶をできる限りたどって作成したものです。75年前に八重山でこんな戦争が実際にあったことを、どうしても伝えておきたいという思いからです。
>>著者「あとがき」より

潮平さんの絵が貴重なのは、この絵以外に八重山戦に関して視覚的に訴えるものが、今のところ見あたらないことである。
沖縄本島や周辺の島々については、米軍部隊の記録班による当時の写真や、従軍カメラマンなどによる写真が遺されている。しかし八重山や宮古にはそれがない。(中略)
ある年の夏、潮平さんに案内されて、白水の避難地跡を訪れたことがある。しかし、あの惨状は、現状からはとても想像つかないことである。それでも私たちは、潮平さんが絵で描き残した戦争の歴史に、今を生きる糧を学び取らねばならない。
再びあのような愚かな歴史を、繰り返さないために。
>>三木 健「『絵が語る八重山の戦争』刊行によせて」より

戦争の話というのは、私たちにとっては何度聞いてもなかなか現実味のわかないものです。
戦争の悲しさやつらさ、悲惨さは、きっと私たちが想像し得ないほどのものだったでしょう。学校で友達と何気ない話で盛り上がったり、一生懸命部活をしたり、海辺でひたすら語り合ったり……。これらは私が、小学校から高校時代にかけて故郷石垣島で経験したかけがえのない思い出です。
しかし祖父のような世代の人たちは、大人が始めた「戦争」によって大切な人たちを失っただけでなく、私たちが味わったような、楽しく貴重な時間をも奪われたのです。
そんなことはもう二度と、決してあってはならないことだと強く思います。
>>久原望未「私も忘れない」より

戦(いくさ)は人が人を殺す 
こんな過ちあるものか
ひとがひとを刺し殺し
  バッサリ首を切り落とす 
戦争の罪のあさましさ 残酷さ
こんな悲しみあるものか 
こんな空しさあるものか!
>>「石垣島事件」(P 44)を読んで 八重洋一郎

関連

月刊やいま 2019年6月号

特集 潮平正道さんの戦争絵ー子どもたちと一緒に考える

子どもの頃、石垣島で戦争を体験した潮平正道さん。 その体験を人に伝えようとしたとき、 話だけでは今ひとつ伝わらなかった。
だから、絵を描くことにしたのだそうです。 その絵を名蔵小中学校の5~6年生のみんなに、 最初は説明なしで見てもらった後に、絵の説明を聞いてもらいました。
どんな風に見えて、どんなことを感じたか。 潮平さんの絵とともに、子どもたちの様子を紹介します。
詳細はこちら

※表紙は黒板をイメージして作成されており、一見キズや汚れに見られる部分は黒板そのままの素材を表現しており破損や劣化ではございません。あらかじめご了承ください。



月刊やいまより




八重山毎日新聞掲載

潮平正道さんの「絵が語る八重山の戦争」(南山舎)を読み、見た。そのうちの 一点「カーブヤー」は、古い町並みの上空に、四角いたこが長い尻尾を垂らして浮いている光景を描いた作品だ。
ページをめくっていくと、このあとは、竹やり訓練や防空壕防(ごう)、マラリアなどが登場する。すると、たこ揚げが戦争の前触れのように見えてしまう。
たこ揚げのことは、筆者は八重山でも台湾でも取材したことがあるが、戦火と結びつけてみたことはなかった。本書が収録する一連の作品をトータルに眺めていくことで、戦争とは一見無関係なコトやモノに別の一面が潜んでいることに気付かされる。
ジャーナリストの三木健さんは、潮平さんの絵以外に「八重山戦に関して視覚的に訴えるものが、今のところ見当たらない」と指摘する。潮平さん自身は本書のあとがきに「言葉だけでは戦争の実像を伝えることが難しい」と書き、八重山の戦争を絵で記録する意義を説明している。
戦争体験者たちが当時の記憶を振り返りながら語る姿は映像や文字でこれまでにも記録されてきた。潮平さんの作品によって、絵による記録という新たな要素が加わったことになる。
メディアを超えて記録される戦争体験をどう伝えていくか。手に取る人に問い掛けてくる画集である。 (松田良考氏) -2020年9月

絵が語る八重山の戦争

価格:

1,980円 (本体 1,800円、税 180円)

[ポイント還元 19ポイント~]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

本について
著者/潮平正道
発行/南山舎(2020年8月)
判型/B5判横 モノクロ162頁

送料について
DM便にて発送致します。2冊までの場合、送料は全国一律164円になります。代引きの場合はゆうメールにて発送致します。1冊のみの場合、全国一律送料360円になります。別途代引き手数料が加算されます。あらかじめご了承ください。

手数料について
代引きの場合は460円、コンビニ払の場合は330円が加算されます。予めご了承ください。

他にもこんな商品があります

島の民具

3,850円(本体 3,500円、税 350円)

島の風2

2,200円(本体 2,000円、税 200円)

アガリヨイ

2,970円(本体 2,700円、税 270円)

最新科学が明かす 明和大津波

1,100円(本体 1,000円、税 100円)

八重山諸島の水資源

2,970円(本体 2,700円、税 270円)

沖縄 八重山発 南の島のハーブ

2,530円(本体 2,300円、税 230円)

島の手仕事 ―八重山染織紀行―

3,080円(本体 2,800円、税 280円)

とぅばらーまの世界

2,090円(本体 1,900円、税 190円)

八重山諸島の稲作儀礼と民俗

13,200円(本体 12,000円、税 1,200円)

与那国島誌 -東アジアの南向き玄関口-

2,200円(本体 2,000円、税 200円)

南嶋民俗資料館の古布裂

2,640円(本体 2,400円、税 240円)

八重山から。八重山へ。

3,038円(本体 2,762円、税 276円)

八重山の戦争

3,190円(本体 2,900円、税 290円)

八重山を読む

4,085円(本体 3,714円、税 371円)

八重山人の肖像

3,080円(本体 2,800円、税 280円)

尖閣列島戦時遭難事件 『沈黙の叫び』

1,572円(本体 1,429円、税 143円)

長久先生の写真帳

1,100円(本体 1,000円、税 100円)

ページトップへ