カートをみる マイページへログイン ご利用ガイド お問い合せ サイトマップ
RSS
 

月刊やいま 2019年3月号 NO298

特集 新与那国物語 未来を切り開く鍵

台湾まで約111km、日本の最西端に位置する与那国島。
島は荒々しい波と断崖絶壁に囲まれており、渡ることが難しいことからかつて「どなん(渡難)」と呼ばれていた。
海底に眠る遺跡のような構造物や、テレビドラマ「Dr.コトー診療所」のロケ地としても有名なこの場所は、八重山のほかの島とはまた異なる雰囲気がある。
3月24日には「日本最南端!八重山の海びらき」が与那国町ナーマ浜で開催される。自衛隊配備や議長選の話題も記憶に新しく、過渡期を迎えようとしているこの地で、島の未来を考えてみた。

月刊やいま2019年月3月号



インタビュー

作曲家 竹原恭子

 

島の昼ごはん

イグアナ捕獲の昼ごはん

 

Report

やいま音楽祭

 

連載第2回 島を出た八重山人 

宮良正吉「いつも前を向いて生きてきた」


連載

■最近気になっていることベスト3 ■やいまNEWS&TOPICS ■南の人(水野 暁子) ■今月のきいやま商店 ■月刊やなわらばー ■リップサービス金城晋也の島人芸人日記■うたこの日記 ■まーやのいきもの観察日記 ■ここのこれがんまさーっ! 第109走者 西門 晃基さん ■幸せ物語 ■与座英信のアメリカ放浪記 ■「息子との旅」(小浜清志) ■パナリ 新城下地島の思い出(仲原靖夫)■熊谷溢夫の世界 ■石垣佳彦写真館「港の活気」 ■資料こぼればなし「映画からみえるもの」(八重山資料研究会 山根頼子) ■未来巡礼「先祖」(八重洋一郎) ■むかし八重山「見よ、この屈託のない笑いを「イモとハダシ」を生きる子どもたち」(米城 惠・与那国)  ■壷中天地「お~い市民、これでいいか」(大田静男) ■いこいの家通信 ■たんかーあるばむ ■八重山のことわざノート ■文庫連のオススメするこの一冊を  ■イベントスケジュール ■南山舎便り

  

八重山暮らしガイド

■お店情報 ■お宅訪問 ■求人・募集・不動産情報 ■スポーツチーム・サークル紹介 ■読者プレゼント

※YABIっち!のダブルダッチ日記と、リップサービス金城晋也の島人芸人日記は隔月連載です



月刊やいま 2019年3月号 NO298

価格:

450円 (税込)

[ポイント還元 4ポイント~]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

本について
仕様:A4変形判、フルカラー
発行:南山舎

送料について
[銀行振込・郵便振込・クレジットカード払・楽天ペイ・コンビニ払の場合]
クロネコDM便にて発送致します。1冊100円、5冊まで164円になります。
[代引きの場合]
ゆうメールにて発送致します。1冊215円、2冊まで300円、5冊まで350円、になります。

手数料について
代引きでの場合は390円が、コンビニ払の場合は324円が加算されます。予めご了承ください。

他にもこんな商品があります

ページトップへ