カートをみる マイページへログイン ご利用ガイド お問い合せ サイトマップ
RSS
ペイペイキャンペーンバナー 

月刊やいま 2021年9月号 NO326 特集「土地公祭 変化続ける拝みの場」

特集「土地公祭 変化続ける拝みの場」

毎年旧暦8月15日に、ここ石垣島で台湾系住民の方々が集い行う土地公祭を長年取材してきた松田良孝さん。
土地公祭とは台湾の神様「土地公」を祭る行事である。
およそ1930年代半ばに始まり、80年以上続く歴史あるこのお祭りは、「石垣島の文化も取り入れながら徐々に”ハイブリット化”」してきているそう。 島内に根付く異国文化を覗いてみましょう。


月刊やいま2021年月8月号


インタビュー

大倉 弘美
仲程 長治


島の昼ごはん

波ん馬ホースライディング


匿名座談会

みーどぅんトーク「新ゴルフ場建設」


新連載

「地球飛行」 ガスペリーニ真央


連載

■南のひと(水野暁子) ■最近気になっていることベスト3  ■インタビュー  ■やいまNEWS & TOPICS ■島の昼ごはん「波ん馬ホースライディング」 ■匿名座談会 みーどぅんトーク「新ゴルフ場建設」 ■今月のきいやま商店  ■まーやのいきもの観察日記 「サキシマスジオ」  ■うたこの日記 ■ここのこれがんまさーっ! ■リップサービス金城晋也の島人芸人日記 ■幸せ物語 ■熊谷溢夫の世界 ■石垣佳彦写真館「人頭税廃止百二十年に向けて」  ■資料こぼればなし「木ととともにある暮らし」(八重山資料研究会 山根頼子)  ■パナリ後の思い出「参禅の思い出④」(仲原靖夫) ■地球飛行(ガスペリーニ真央) ■未来巡礼「発問」(八重洋一郎) ■壷中天地「毒」(大田静男)   ■むかし八重山「竹富町役場が竹富島から石垣島へ」(通事孝作) ■ミンサーにみる八重山の染織 「『観光』のお土産として」(安本千夏) ■文庫連のオススメするこの一冊  ■たんかーアルバム  ■ニャンだ?ワンだ!  ■COLUMN 籠谷鑑  ■八重山のことわざノート  ■写参加ギャラリー    

  

八重山暮らしガイド

■お店情報  ■不動産情報  ■八重山求人情報  ■募集・譲ります・譲ってください  ■イベントスケジュール

※YABIっち!のダブルダッチ日記と、リップサービス金城晋也の島人芸人日記、八重 山ヒト大学とCOLUMN(籠谷鑑)、むかし八重山と島の風景と歴史は隔月連載です。


月刊やいま 2021年9月号 NO326 特集「土地公祭 変化続ける拝みの場」

価格:

495円 (本体 450円、税 45円)

[ポイント還元 4ポイント~]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

本について
仕様:A4変形判、フルカラー
発行:南山舎

送料について
[銀行振込・郵便振込・クレジットカード払・楽天ペイ・コンビニ払・PayPayの場合]
クロネコDM便にて発送致します。1冊100円、5冊まで164円になります。
[代引きの場合]
ゆうメールにて発送致します。1冊215円、2冊まで310円、5冊まで360円、になります。

手数料について
代引きでの場合は530円が、コンビニ払の場合は330円が加算されます。予めご了承ください。

他にもこんな商品があります

ページトップへ