カートをみる マイページへログイン ご利用ガイド お問い合せ サイトマップ
RSS
  PayPayバナー

月刊やいま 2021年8月号 NO325 特集「サメ駆除にみる海の世界」

特集「サメ駆除にみる海の世界」

1979年に始まり、これまで40年以上続いている八重山のサメ駆除。 美しい八重山の海も、いざ海中に潜るとあらゆる危険が潜んでいる。 「海が、どこよりも美しい八重山。そこで私はサメを見た」 サメ駆除を追う著者の流杉一行さんは、実際にサメと遭遇し、 なんとサメを自ら調理して食べたこともあると言う。 夏の日差しで火照った身体も、読み終わる頃には冷や汗で涼しくなっているかもしれない。


月刊やいま2021年月8月号


インタビュー

仲山忠亨
仲嶺正哉


島の昼ごはん

石垣島うみそら保育園


匿名座談会

みーどぅんトーク「西表島の世界自然遺産登録」


企業訪問

「八重山ビル管理株式会社」


連載

■やいまNEWS&TOPICS ■南のひと(水野 暁子) ■最近気になっていることベスト3   ■YABIっち!のダブルダッチ日記 ■今月のきいやま商店 ■まーやのいきもの観察日記  ■ここのこれがんまさーっ! ■幸せ物語 ■熊谷溢夫の世界 ■写参加ギャラリー  ■パナリ後の思い出「参禅の思い出③」(仲原靖夫)■石垣佳彦写真館「神のみぞ知る」 ■資料こぼればなし「今なお犠牲の『ひるぎの一葉』」(八重山資料研究会 山根頼子)  ■パリ、若き芸術家の放浪記「エトルタの崖」(与座英信)■ニャンだ?ワンだ! ■未来巡礼「花ゑみ」(八重洋一郎) ■ミンサーにみる八重山の染織  ■島の風景と歴史「伊原間村探訪-村獅子が語ったものとは-」■たんかーアルバム ■壷中天地「稲作の行方」(大田静男)  ■八重山ヒト大学 ■八重山のことわざノート ■文庫連のオススメするこの一冊    

  

八重山暮らしガイド

■お店情報 ■不動産情報 ■八重山求人情報 ■募集・譲ります・譲ってください  ■イベント情報

  ※YABIっち!のダブルダッチ日記と、リップサービス金城晋也の島人芸人日記、八重 山ヒト大学とCOLUMN(籠谷鑑)、むかし八重山と島の風景と歴史は隔月連載です。


月刊やいま 2021年8月号 NO325 特集「サメ駆除にみる海の世界」

価格:

495円 (本体 450円、税 45円)

[ポイント還元 4ポイント~]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

本について
仕様:A4変形判、フルカラー
発行:南山舎

送料について
[代引き以外の場合]
クロネコDM便にて発送致します。5冊まで164円になります。
[代引きの場合]
ゆうメールにて発送致します。1冊215円、2冊まで310円、5冊まで360円、になります。

手数料について
代引きでの場合は530円が、コンビニ払の場合は385円が加算されます。予めご了承ください。

他にもこんな商品があります

ページトップへ