カートをみる マイページへログイン ご利用ガイド お問い合せ サイトマップ
RSS
  PayPayバナー

月刊やいま 2021年6月号 NO323 特集「龍太郎がゆく しまの価値色」

特集「龍太郎がゆく しまの価値色」

石垣島で住民投票の活動をしている金城龍太郎さんが そこで暮らす人びとにインタビューするという企画。
島の現在や将来、島への希望、島のためにできること、 この島でしたいこと、さらに踏み込んで尖閣のニュースや 石垣島での陸自配備計画やそこから生まれる人間関係への 亀裂や分断にどのような対応が必要か、どう考えるか……
6名の高校生と様々な活動をしている5名に訊いた話から 龍太郎さんはそれぞれに異なる「輝く色」を見る。
「ひとつの色が他の色を塗りつぶしてしまうことはないでしょう」と、 カラフルな島をインタビューを通して描いた。


月刊やいま2021年月6月号


インタビュー

斎藤(平良)悌子


島の昼ごはん

喫茶とお食事「みらい」


連載

■やいまNEWS&TOPICS ■南のひと(水野 暁子) ■最近気になっていることベスト3   ■YABIっち!のダブルダッチ日記 ■今月のきいやま商店 ■まーやのいきもの観察日記  ■ここのこれがんまさーっ! ■ミンサーにみる八重山の染織 ■幸せ物語 ■熊谷溢夫の世界 ■パナリ後の思い出「参禅の思い出①」(仲原靖夫)  ■石垣佳彦写真館「夢に向かって走れ!」 ■資料こぼればなし「伊野田地区の開拓」(八重山資料研究会 山根頼子)  ■パリ、若き芸術家の放浪記「結婚」(与座英信)■未来巡礼「地の言葉の力」(八重洋一郎)  ■島の風景と歴史「村抱護林の跡は今」(通事孝作)  ■壷中天地「ハカ(墓)でないハカのお話」(大田静男) ■たんかーアルバム ■ニャンだ?ワンだ! ■写参加ギャラリー ■八重山ヒト大学 ■八重山のことわざノート ■文庫連のオススメするこの一冊

  

八重山暮らしガイド

■お店情報 ■不動産情報 ■八重山求人情報 ■募集・譲ります・譲ってください ■イベント情報

  ※YABIっち!のダブルダッチ日記と、リップサービス金城晋也の島人芸人日記、八重 山ヒト大学とCOLUMN(籠谷鑑)は隔月連載です。


月刊やいま 2021年6月号 NO323 特集「龍太郎がゆく しまの価値色」

価格:

495円 (本体 450円、税 45円)

[ポイント還元 4ポイント~]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

本について
仕様:A4変形判、フルカラー
発行:南山舎

送料について
[代引き以外の場合]
クロネコDM便にて発送致します。5冊まで164円になります。
[代引きの場合]
ゆうメールにて発送致します。1冊215円、2冊まで310円、5冊まで360円、になります。

手数料について
代引きでの場合は530円が、コンビニ払の場合は385円が加算されます。予めご了承ください。

他にもこんな商品があります

ページトップへ