カートをみる マイページへログイン ご利用ガイド お問い合せ サイトマップ
RSS
 

月刊やいま 2021年5月号 NO322 特集「台湾二二八事件と八重山」

特集「台湾二二八事件と八重山」

1949年に台湾で起きた中国大陸からやってきた国民党政府によって住民弾圧が行われた、二二八事件。
終戦によって日本統治が終わった後も、台湾と与那国島を行き来する生活を続けていた与那国出身者の犠牲者は、今なお事件の犠牲者として認定を受け入れられていない。
台湾を拠点に活動するフリージャーナリスト松田良孝さんが犠牲者の家族を追ったレポート。

この特集内には、二二八事件に触れることができる。
誌上スタディーツアーに加え、読書案内には7冊をご紹介。 国境の小さな八重山における歴史問題を知ってみよう。
月刊やいま2021年月5月号


インタビュー

Gary Wyckoff


インタビュー

石垣 幸子


島の昼ごはん

アーユルヴェーダ園もだま工房


お宅訪問

Kさん家族の「自然で暮らす家」


 

連載

■やいまNEWS&TOPICS ■南のひと(水野 暁子) ■最近気になっていることベスト3   ■リップサービス金城晋也の島人芸人日記 ■今月のきいやま商店 ■まーやのいきもの観察日記  ■ここのこれがんまさーっ! ■ミンサーにみる八重山の染織 ■幸せ物語 ■熊谷溢夫の世界 ■パナリ後の思い出「高校さん年間の思い出」(仲原靖夫)  ■石垣佳彦写真館「御神崎の観音像」 ■資料こぼればなし「博物館は次世代への投資」(八重山資料研究会 山根頼子)  ■パリ、若き芸術家の放浪記「アンデパンダン展」(与座英信)■未来巡礼「カフカの手紙」(八重洋一郎)  ■むかし八重山「西表東部に第一東光丸が就航し、航海時間が大幅に短縮」(通事孝作)  ■壷中天地「麦」(大田静男) ■たんかーアルバム ■ニャンだ?ワンだ! ■写参加ギャラリー ■COLUMN(籠谷鑑) ■八重山のことわざノート ■文庫連のオススメするこの一冊

  

八重山暮らしガイド

■お店情報 ■不動産情報 ■八重山求人情報 ■募集・譲ります・譲ってください ■イベント情報

  ※YABIっち!のダブルダッチ日記と、リップサービス金城晋也の島人芸人日記、八重 山ヒト大学とCOLUMN(籠谷鑑)は隔月連載です。


月刊やいま 2021年5月号 NO322 特集「台湾二二八事件と八重山」

価格:

495円 (本体 450円、税 45円)

[ポイント還元 4ポイント~]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

本について
仕様:A4変形判、フルカラー
発行:南山舎

送料について
[銀行振込・郵便振込・クレジットカード払・楽天ペイ・コンビニ払・PayPayの場合]
クロネコDM便にて発送致します。1冊100円、5冊まで164円になります。
[代引きの場合]
ゆうメールにて発送致します。1冊215円、2冊まで310円、5冊まで360円、になります。

手数料について
代引きでの場合は530円が、コンビニ払の場合は330円が加算されます。予めご了承ください。

他にもこんな商品があります

ページトップへ