カートをみる マイページへログイン ご利用ガイド お問い合せ サイトマップ
RSS
 

『竹富町史』第十巻資料編 近代2

南嶋民俗資料館(石垣市字大川)が所蔵する崎原文書「必要書」、琉球大学附属図書館(西原町千原)が所蔵する宮良殿内文書「必要書類集」を集成した近代文書の資料集編。
「必要書」は、崎原當貴が残した文書。當貴は1897年(明治30)に崎山村頭に任じられている。この文書は一種の備忘録で、日記の形式をとる。中でも「人々ヨリ到来物控」は、贈答品のやりとりがあり、往時の村びとの暮らしぶりが朧気ながら分かる。
「必要書類集」は宮良殿内の直系である宮良當整が残した文書である。標題に「明治二十五年以降」とあるが、1896年(明治29)から1907年(同40)までの間の行政文書となっている。當整は白保村頭、新城村頭、竹富村頭を務めたが、行政文書は八重山島庁との往復文書、農業統計資料が中心である。
 
 
 
刊行年 2001年
ページ数 348P
サイズ A5版


※ ご注意 ※
発刊から年数が経過しているため、以下の画像のようなカバーのよごれや表紙の毛羽立ちがございますが、中身につきましては全く問題無く読むことができます。
できる限り綺麗な状態のものを選んでお送り致しますので、ご了承頂ける方のみご注文お願い致します。



 

『竹富町史』第十巻資料編 近代2

価格:

2,700円 (税込)

[ポイント還元 27ポイント〜]
本の劣化について:
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

送料について
宅急便にて発送致します。送料は全国一律1,000円になります。

手数料について
代引きでの場合は390円が、コンビニ払の場合は324円が加算されます。予めご了承ください。

ページトップへ