カートをみる マイページへログイン ご利用ガイド お問い合せ サイトマップ
RSS
 

判子入れ 福木染め

生地を染めるところから全て手作業で作られた福木染めの判子入れ。
口金はシックで高級感があるアンティークゴールド。口が180°開くので中が見やすく取り出し易くなっております。
 
 
 
材質 リネン

 


福木染めって?

福木の木は成長は遅いけれども、まっすぐ伸び、なかなか倒れない強い樹木のため防風林として家の周辺に植えられたり、街路樹としてもよく見られる沖縄の樹木。5〜6月頃に花が咲き、果実は3cmほどの黄色い柿のような形で主にオオコオモリに食べられます。木の皮や葉から黄色の染料が取れ、琉球王朝時代 には王族の色として用いられた染料のひとつです。福木染は、文字通り『福をもたらす木』の染物として、昔から縁起の良いものとされています。


生産者 -福ん黄(fukunki)-


紅型作家の許田史枝さんと染色家の榮亜衣さん姉妹で営む工房。
許田さんは高校卒業と同時に島を出て染学を学び、後に石垣島で人間国宝の玉那覇有公氏に師事して紅型の世界へ。「小さい頃から絵が大好きな子どもでした。生まれたときから、織物などの伝統工芸に携わっている人が周りにたくさんいたので、私も何かしらものを作る仕事をするんだろうな、と漠然と思っていました。」と語る。妹の亜衣さんは「もともとは全然違う道を目指していたんです。だけど結婚して子どもを生んで落ち着いたとき、気づいたら家族みんなが織物や染物をやっていたので、それに引き寄せられるようにして福木染めをやるようになりました。」と語る。家族でお互い助け合い、無理をせず自分たちの納得のいく丁寧な良い商品を作り続けている。

※1点1点手作りで手染め・生産されているため、商品の色や形・大きさに多少のばらつきがございますことを予めご了承ください。

判子入れ 福木染め

価格:

2,680円 (税込)

[ポイント還元 26ポイント〜]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

送料について
 定形外郵便にてお送り致します。1個290円になります。
 
手数料について
 代引きでの場合は390円が、コンビニ払の場合は324円が加算されます。予めご了承ください。

ページトップへ