カートをみる マイページへログイン ご利用ガイド お問い合せ サイトマップ
RSS
 

請福梅酒 12度 720ml



果肉と桃のような薫りが特徴の梅の最高品種『南高梅』のみを使用。
仕上げに純国産の黒糖を使いスッキリとした甘さの中にもしっかりとしたコクを感じます。
 

 
そのままロックや、炭酸水で割ってのソーダ割りがお薦めです。
特にソーダ割りはさっぱりとして軽い飲み口となり 食前酒としてもよく合います。
また寒い冬には、マグカップ等に入れて湯銭したり電子レンジで温めると、ほっこり温かい梅酒をお楽しみいただけます。

 
厳選した農園から直送の南高梅を使用

南高梅は、梅の生産日本一を誇る和歌山県の中でも「最高級品種」といわれ、トップブランドとしてその名を馳せています。
果実は非常に大きく、種は果実のわりに小さく、果肉が厚くて柔らかいのが特徴です。大粒で美味であることからギフトなどの贈答用に使用されることが主となっています。
請福梅酒の原料となる梅の実は、和歌山県のしんおか農園さん(平成14年度農林水産大臣賞受賞)から直接仕入れています。
しんおか農園では新岡社長を筆頭に、ご家族の皆さんが一粒一粒、心をこめて育て、厳選して収穫した梅の実を直ちに直送して頂き、新鮮な状態でビタミンやミネラル、クエン酸などの豊富な栄養をたっぷり含んだままの梅の実を請福酒造の自信の泡盛に漬け込んでいます。


美味しいお酒は、美味しいお水から!

石垣島には沖縄最高峰の於茂登連山を水脈とする天然の自然水が脈々と流れています。
ミネラルたっぷり含んだその水は、世果報(ゆがふ)の水と呼ばれ、幸運や豊穣の対象として昔から石垣島の人々に多くの実りをもたらす水として崇められてきました。
請福酒造の泡盛は仕込みの水にこの於茂登連山より湧き出る天然水を使用しています。


美味しい梅酒は、美味しい泡盛から!

請福酒造は地元石垣島で創業以来60年、伝統と革新の蔵元として常に石垣島で多くの島人(しまんちゅ)に愛飲し続けられ、特に昔ながらの直火蒸留法を取り入れて製造する「直火請福」は年齢層を問わず親しまれています。泡盛らしいどっしりとしたコクと飲んだときにひろがるほのかな甘み、お米を原料とする泡盛ならではの豊かな香りは、内外から高い評価を得ており、2005年の全国酒類コンクールの泡盛部門では2位に選出されました。


天満天神梅酒大会2010年 総合5位入賞

2007年より開催されている天満天神梅酒大会は、日本全国の酒造メーカー157酒造から梅酒242銘柄が出品され、梅酒日本一を決める日本最大の梅酒コンテストです。
大阪天満宮に来場される一般の方が試飲し、美味しいと思う梅酒5銘柄に投票、投票数の多かった上位10銘柄を最終審査へ選出します。
最終審査はソムリエ、ベネンシアドール(シェリー酒専門家)、酒販店店主、その他有識者などで構成された約20名の審査員のブラインドテイスティングにより行われます。
沖縄からは10メーカー15銘柄が出品、その中で県内唯一請福梅酒が最終審査に残り、5位に選出されました。


生産者 -請福酒造-



1949年(昭和24年)に創業した、沖縄県石垣島にある泡盛の蔵元。「直火釜蒸留法」をはじめとする伝統的な製法を守りながら、最新技術の導入や開発に取り組み、新しい酒造りにこだわっている。
今では石垣島でトップクラスのシェアを誇る。職人ならではの強いこだわりを持つ社長の下、数々のこだわりの泡盛や古酒・泡盛リキュールなどを発売している。


請福酒造3代目社長 漢那憲隆氏の話

月刊やいま2014年7月号掲載記事より抜粋

-2代つづいて絶妙なコンビ夫婦
戦後、じいちゃん(憲福)が米軍からジープを買って運送業を始めた。それで貯めたお金で酒屋をやるのですが、その理由が、当時景気がよさそうに見えたのが、煙をもくもくと立てていた酒屋と風呂屋だった、と。
ばぁちゃん(文江)が言うには、じいちゃんは高血圧だったので、酒づくりでとても大事な温度調節がうまくいかない。酒飲んで体温上げて帰ってくるし(笑)。それで、主に酒づくりはばあちゃん、営業はじいちゃんと役割が決まったようです。ばあちゃんは科学的な知見はないけど、好奇心が旺盛で外からいろんな情報を積極的に仕入れたり、実験を積み重ねて、そして、新川の旗頭の「請福」の文字をいただけるまでのお酒をつくったんじゃないですかね。じいちゃんばあちゃんの役割を逆転させたのがウチの親父とおふくろ(恵子)ですね。親父は酒づくりに徹して、おふくろは営業。祖父母と同じようにいいコンビでした。

-地元が支持してくれるものをつくる
2010年の7月に会社を継いだ。しかし、継ぐのは簡単な話ではない。息の長い仕事なので、儲けと継続性どっちを選びますかと言われたら、継続性を選びますね。そういう意識で守る。重要なのは美崎町のスーパーで売れるかどうかです。地元の人が飲まない酒は、地元の人にとってもよくない。地元の人が普通に飲む酒をつくりたい。

-継続させるために走る
ウチの銘柄は覚えきれないくらいありますよ。日常的に売っているもので30、たまにつくるものまで入れると80くらいになりますか。もちろんいろんなものをつくると効率は悪い。しかし多様なニーズに応えるためには、いろんなものを出してお客さんの細かいニーズを拾い上げて、その営業活動が商品力に繋がっていく。
僕のモットーは継続だけど、そのためには走らないといけないと思って常にやっているので、これからも地元のいろんなニーズに対応していきたいと思います。

未成年者の飲酒は法律で禁止されています。当店は、未成年者への酒類の販売は致しておりません。

請福梅酒 12度 720ml

価格:

1,430円 (税込)

[ポイント還元 14ポイント〜]
年齢確認:
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

商品について
【内容量】 720ml (4合瓶)
【アルコール度数】12度
 
送料について
 宅急便にてお送り致します。
 2本まで1,000円、4本まで1,200円、6本まで1,400円、12本まで1,600円になります。
 
手数料について
 代引き、または、コンビニ払の場合は324円が加算されます。予めご了承ください。

ページトップへ