カートをみる マイページへログイン ご利用ガイド お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ルームデオドラントsarmin 100ml

シュッとひと吹きでお部屋に月桃の爽やかな香りが漂うルームデオドラント。
リラックス効果の他、消臭・防虫効果もあります。沖縄のサンゴ礁の海に赤土が流出しないように、畑の周りにグリーンベルトとして育てた「月桃(ゲットウ)」で作ったルームスプレーです。
 

 


 
月桃とは?

うりずんの季節(初夏)になると白い花を咲かせ、爽やかな香りで夏の訪れを知らせてくれる「月桃」。その昔から、防腐・防虫効果のある薬草として月桃は島の暮らしに欠かすことの出来ないものでした。その葉でモチを包めばムーチーというお菓子に、実を部屋の四隅に下げて虫除けに使いました。また葉はお茶としても用いられ、その種は香辛料としても使用されています。


村をあげた保全への取り組み

白保集落では「白保魚湧く海保全協議会」を設立し、サンゴ礁を集落みんなの財産と位置づけ、その保全に取り組んでいます。その一つとして、畑の周りへ「月桃(ゲットウ)」という、ショウガ科の在来植物を植え、畑からの赤土と呼ばれる表土の流出を防ぐ「グリーンベルト大作戦」を行なっています。根がしっかりと槌を押さえた月桃を植えることで、海の環境を悪化させ、サンゴの現象の一因となっている畑からの赤土の流出を防ぎます。しかし、グリーンベルトの設置は、畑の面積を狭くし、農作物の収量を減少させるため、農家の負担を軽減する解決策が必要でした。


グリーンベルト植物の商品化

白保のおじぃ、おばぁが受け継いで来た伝統的な手業や自然の素材を利用する知恵を活用した地場産業づくりに取り組む「白保日曜市」のメンバーが、この問題の解決に取り組みました。その結果、「月桃」の葉や茎から蒸留し、取り出したのがこの商品です。グリーンベルトに植えられた「月桃」が経済的な価値を持つことで、農家の負担を減らしてサンゴ礁保全も進むことが期待されます。


生産者 -NPO夏花-



白保村ゆらてぃく憲章の七箇条に基づき、白保集落の伝統文化、自然環境の保全・継承、地域の活性化などの村づくりに取り組むことを目的に、2013年5月に設立されたNPO法人。 2006年に白保公民館により村づくりの目標と方針、具体的な施策をとりまとめた「白保村ゆらてぃく憲章」に位置づけられた村づくり七箇条に基づき、石垣島白保集落において地域の伝統文化、自然環境、地場産業や人材など地域固有の資源の保全とツーリズムなど持続的な活用に取り組み、石垣島白保を訪れる人々や八重山の人々に島の文化や自然の素晴らしさを再認識してもらうことで、その保全・継承を図り、地域の活性化に寄与することを目的としています。

ルームデオドラントsarmin 100ml

価格:

1,840円 (税込)

[ポイント還元 18ポイント〜]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

商品について
【内容量】 100ml
【原材料】 月桃、蒸留水、エタノール
【抽出部位】 葉、茎
 
送料について
定形外郵便にてお送り致します。1本500円、3本まで700円になります。
4本以上はヤマト宅急便にて1,000円〜となります。
 
手数料について
 代引きの場合、3本まで390円(定形外郵便)が、4本以上は324円(宅急便)が代引手数料として加算されます。  また、コンビニ払の場合は324円が加算されます。予めご了承ください。

ページトップへ