カートをみる マイページへログイン ご利用ガイド お問い合せ サイトマップ
RSS
 

琉球泡盛 花酒 与那国・与那国米仕込 60度 300ml

昔ながらの伝統を生かした手造り伝統製法にこだわり、地元与那国島で収穫された与那国米のみを使用し、製造。また、仕込水は与那国島の良質な化石珊瑚でろ過されたミネラルが豊富な珊瑚水でを利用しました。
日本最西端の島・与那国島でしか製造を許されない60度の泡盛が「花酒」(はなざき)と呼ばれます。
もともと蒸留したての泡盛は60度か70度くらいですが、酒税法の関係で泡盛の度数は45度未満と決められているため、初留酒に水を加えて43度以下のアルコール度数にしているのです。
「花酒」はその名の通り華やかな香りで泡盛通の方の間では大変人気のあるお酒です。
花酒は日本最西端の島、与那国島だけで製造されている独特の蒸留酒(スピリッツ)です。(花酒は泡盛とまったく同じ原材料と製造法ですが、アルコール度数が45度を超える場合は税法上スピリッツとなります。)
 

 
 
与那国の文化に根付く花酒

台湾まで111キロ、石垣島まで117キロと大海のど真ん中に浮かぶ島、与那国島は周りの島との交流が難しい離島苦の悩みの中から花酒は生まれました。
また、島の文化として亡くなった人を火葬せず埋葬する際に花酒を2本(1.8L)を一緒に墓の中に入れ7年後の洗骨の儀式の時に遺骨を取り出し、墓の中に入れた花酒で遺骨を清め、最後に花酒を掛けて火を付け燃やし遺灰にして再び墓の中に入れます。
残りの1本は集まった人たちで故人を偲びながら7年古酒となった花酒を飲んだり、酒の飲めない人は故人が7年間大事に育てた薬として体の悪い部分に花酒を塗り、マッサージしながら悪い部分を故人に治してもらうという風習などから、与那国島の生活には欠かせないお酒として大切に守られてきました。


花酒 名称の由来

花酒の名称は昔、泡盛の度数を計る時にある一定の高さからグラスの中にお酒を注ぎグラスの中にできる泡の盛り具合(量)で度数を決めていましたが度数の高い花酒は一番泡の量が多く、まるで花が咲き誇っているように見えた事から花酒と呼ばれるようになりました。
泡の盛り具合で度数を計る手法の中から泡盛という名称が生まれました。


花酒の召し上がり方

・花酒は凍りませんので冷蔵庫(フリーザ)などでよく冷やした花酒をトロッとした状態でおちょこに注ぎ、生のまま濃厚な花酒の甘みや香味を味わって下さい。
・ショットグラスに、氷を1個入れて氷のかけらの上から花酒を注ぎ2〜3回かき混ぜ、4〜5分後に薄青白く色が変化するのを楽しみながらゆっくりと召し上がって下さい。
・氷の入ったグラスに花酒20mlを注ぎ5倍〜10倍の水で割ります。好みでレモンなどを絞ってお飲み下さい。


生産者 -崎元酒造所-



与那国島には現在(2009年)3つの酒造所がありますが、その中でも一番古い酒造所が崎元酒造で、昭和2年に農業を本職とした17人の出資者が共同の酒造所を設立しました。
しかし、農業が盛んな与那国島では酒造はあくまでも副業的で、昭和40年代に入ると出資者はわずか4人となっていたという。このままでは酒造所の崩壊とともに、島に残る花酒文化までも失いかねないということから、先代の崎元初が名乗りを挙げ昭和46年に崎元酒造所として独立。
平成18年の4月にティンダハナタの頂上付近に酒造蔵を新規移転し、今では八重山諸島の小さな蔵元にしか残っていない、泡盛600年の歴史を伝承する昔ながらの古式地釜蒸留機を使用し、少人数で伝統的な手造り製法でお酒を造り続けています。

未成年者の飲酒は法律で禁止されています。当店は、未成年者への酒類の販売は致しません。

琉球泡盛 花酒 与那国・与那国米仕込 60度 300ml

価格:

3,100円 (税込)

[ポイント還元 31ポイント〜]
年齢確認:
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

商品について
【内容量】 300ml
 
送料について
 宅急便にてお送り致します。4本まで1,000円、8本まで1,200円、12本まで1,400円になります。
 
手数料について
 代引き、または、コンビニ払の場合は324円が加算されます。予めご了承ください。