カートをみる マイページへログイン ご利用ガイド お問い合せ サイトマップ
RSS
 

『竹富町史』第十巻資料編 近代4

沖縄県地域史協議会がマイクロフィルムより複製した明治・大正・昭和戦前期の沖縄県に関わる『官報』の記事の中から、八重山関係の記事を検索して収録した資料編。 副題に「官報にみる八重山」を付した。
『官報』は1883年(明治16)7月2日に創刊され、以後、日刊紙として発行されている。記事は、国会・内閣・裁判所等で決定した事項を国民に知らせる広報紙および民間に関わる広告紙としての性格を有しているとはいえ、行政上の歴史的事実を知るうえで充分な資料的価値がある。
記事の中には、人頭税の廃止を裏付ける法律の施行、鉱業権に基づき申請する石炭等の鉱物の試掘・採掘願いの記事もある。「新聞集成」と合わせて利用すると、近代八重山の一側面が浮かび上がってくる。
 
 
 
刊行年 2006年
ページ数 659P
サイズ A5版


※ ご注意 ※
発刊から年数が経過しているため、以下の画像のようなカバーのよごれや表紙の毛羽立ちがございますが、中身につきましては全く問題無く読むことができます。
できる限り綺麗な状態のものを選んでお送り致しますので、ご了承頂ける方のみご注文お願い致します。



 

『竹富町史』第十巻資料編 近代4

価格:

2,700円 (税込)

[ポイント還元 27ポイント〜]
本の劣化について:
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

送料について
ゆうメールにて発送致します。送料は全国一律560円になります。

手数料について
代引きでの場合は390円が、コンビニ払の場合は324円が加算されます。予めご了承ください。

ページトップへ